顔色が悪い 加齢 原因

顔色が悪いのは、加齢が原因かもしれません

30代半ばを過ぎたころから肌はどんどんと老化します。
顔色が悪い、シミが目立つなどいろいろな悩みがあるでしょう。

 

加齢が原因となる場合、それはターンオーバーが
スムーズに働いてないことが考えられます。

 

ターンオーバーは夜、
熟睡した時に成長ホルモンが分泌して開始されます。

 

寝不足や過労、ストレスなどによっても
ターンオーバーの周期が長くなりますが、
加齢もその原因の一つと考えられています。

 

透明感の肌を作りたいのなら

 

顔色が悪いと、いくら化粧をがんばっても
白浮きして不自然な仕上がりになってしまいます。

 

陶器のような透明感のある肌を実現させるには
まずは寝不足や過労、ストレスを解消し、
たっぷり睡眠をとることが肝心です。

 

さらに加齢による原因を解消するためには不足しがちな
栄養を補ってあげることも大切です。

 

ターンオーバーを繰り返すと紫外線などを浴びて皮膚の奥にできた
メラニン色素を表面まで押し上げます。
それがシミやそばかす、顔色の悪さにつながります。
肌表面に出る前にメラニン色素の色を目立くさせなければなりません。

 

 

ビタミンCの効果

 

ビタミンCは美白成分としても有名です。
ビタミンは体内で合成されないので外から摂取しなければなりません。

 

ビタミンCはメラニン色素の淡色化をするといわれています。
これは表皮にある色素細胞のチロシナーゼ活性を抑制する効果があるからです。
この活性を抑制すると、メラニンの生成も抑制されることが知られています。

 

メラニンの生成が抑制されれば、色素が沈着することも防ぐことができるのです。
紫外線を大量に浴びた肌はメラニンも大量に生成されます。
また、紫外線によりターンオーバーができなくなり、古い角質がはがれる前に角質ができてしまい、
メラニンを含んだ角質が厚くなり、顔色がわるくなります。
こうなってしまう前にビタミンCの補給はとても大切なことなのです。

 

最近話題のコスメ

さらにビタミンCは活性酸素を除去するために失活したビタミンEを再活性化する働きもあります。
このようにビタミンCは美肌のためにとても大きな役割を果たします。

 

加齢による肌の衰えを感じたら、ビタミンC配合の化粧品を使用しましょう。
また、肌の負担を少なくするためにはオーガニックコスメがいいでしょう。
化学合成された物質もなるべくなら避けたいものです。

 

無添加でオーガニックな原料を使用したオーガニックレインボーキウイコスメは、
日本でたった1軒しかない農家で生産された希少な果実、オーガニックレインボーキウイを使用した化粧品です。
その原料となる果実水はオーガニックコスメ認定機関で認められているものなので安心して使用することができます。
さらに、オールインワンで毎日手軽に、また低コストでスキンケアを続けることが可能です。

 

顔色が悪い,加齢,原因今までのオールインワンとは違う!もう乾かないキウイコスメはこちら

 


このページの先頭へ戻る